漫画ん全関

DRI:MOONのVocal&Guitar、関貴弘参上!関裸々に胸中を語る…か!?


<< 番外編エッセイ「食わせ者達」 | main | ろくでなしBLUES/池袋葛西編と極東川嶋編 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





日野日出志作品

何しろ小学生の時にクラスで大ブームになった恐怖漫画だ。畳の目やら、壁のひび割れやら、廊下の木目やら、とにかく絵の密度が凄く、一コマ一コマが怖かった。ストーリーが怖かったと言うよりも作者の視点が怖かった。そんな作品群の中でタイトルこそ覚えてないが「泥人形」の話が凄かった。とある工場地帯の一角で数人の子供達が自分達でこしらえた大きな泥人形に石をぶつけていた。石はその体にめり込み泥人形は何も言わずどんどん崩れていった。だが子供達には理由があった。子供達は公害におかされておりその肉体は五体満足ではなかった。子供達は口々に「あたいの目を返せ!」とか「オレの腕を返せ!」とか「僕の顔を返せ!」とか言いながら石を投げていた。やがて泥人形は崩れ落ちてただの泥となった。その姿はキリストよりも悲しみを背負っているように思えた。30年近く前の記憶なので間違っているかもしれないが、今でも悲しい。
posted by 関貴弘 00:26comments(0)|-|





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 00:26 |-|-|


この記事に対するコメント