漫画ん全関

DRI:MOONのVocal&Guitar、関貴弘参上!関裸々に胸中を語る…か!?


<< 日野日出志作品 | main | 味いちもんめ >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





ろくでなしBLUES/池袋葛西編と極東川嶋編

とにかく喧嘩しながらよく喋る。プロボクシング世界チャンピオンを目指してる主人公前田は高校三年まで不良喧嘩を満喫しているかのように思えた。ボクサーとしてリングにあがったならマウスピースをしているから腹話術師でもない限り、そんなには喋れないと思う。だが喧嘩なら何でもありらしいから喋る事も武器に出来るなら有効なんだろう。だけど、前田の場合、敵をある程度「本当は英雄なんだろ!」と言わんばかりに、不利な状況に於いて喋りながら闘う。不利なのに核心を見極められるからやっぱり勝つ。かつて大竹まことが、「一番圧倒的な奴が一番優しくなければならない。」と言ってた。何で、急にそんな凄く、素晴らしい事を大竹まことが言うんだと思ったが、今現在自分の中でそれよりも心に食い込むセリフは極めて少なく「ありがとう」「いただきます」「さようなら」「オネエサンヒューヒュー!」等の老舗最高セリフにも負けずとも劣らないのだ。そして、何が言いたかったかは忘れたが、とにかく前田は喋るし勝つのだ。自分と敵の為に。

posted by 関貴弘 09:30comments(0)|-|





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 09:30 |-|-|


この記事に対するコメント