漫画ん全関

DRI:MOONのVocal&Guitar、関貴弘参上!関裸々に胸中を語る…か!?


<< タッチ | main | はじめの一歩〜活人のコブシ〜 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





続「タッチ」

スゲエ。なんと25日ぶりだ。何やってんだ俺は。もう誰もこれを読んでないだろう。即ちこれはもはや今トレンディなツイスターなるものなのであろう。ここしばらく仲良しの先輩の事でなんだかんだ考えており、この「タッチ」の感想作文どころじゃなかった。だがしかし、それこそが間違いだった。今こそ「タッチ」だった…。
簡単に言えば、最強の双子の兄弟の高校野球と幼馴染みの女にまつわる話だ。優秀な弟「和也」が、幼馴染みの女「南」が甲子園に連れてってくれというので頑張っていたが、その途中で若くして他界。それを怠け者だった兄「達也」が引き継ぎ甲子園を目指してこれまた頑張る。問題は達也編になってから登場する監督代行の柏葉えいじろうだ。彼もまた元高校球児であり、さらに優秀な高校球児の兄えいいちろうがいた。病に倒れた監督は教え子であるその兄弟のうち、兄ではなく弟の方に代行を頼んだ。えいじろうはヤクザみたいな風貌で、その言動からは一抹ならぬ不信感が漂っており、監督は兄と弟を間違って後任したのではというギクシャクした不安感の中でドラマは進んで行く。そして互いに優秀な兄や弟を持ち比較されながら生きてきたえいじろうと達也のやりとり。優秀な弟が死んでくれて南ちゃんとの間に邪魔者がいなくなって良かったじゃないかというえいじろうに珍しく本気で怒る達也。普段ひょうひょうとしていて滅多に自分の感情を外に見せない達也の怒り。かつて俺が髪型を類似させたヒロイン南ちゃんと弟和也との三角関係の中でその感情がなきにしもあら
ず。と感じられた。だが、各々兄弟にまつわる発言は違えど二人とも兄弟思いの心優しき魅力的な人物だった事がどんどん描写されていく。その辺は参照して下さい。ところで俺には生まれてこなかった兄と、優秀というよりは豪傑に生きている姉がいる。姉は優秀かつ豪傑でなんだかドイツ人みたいな顔立ちだが、兄は見たことがないので余計に想像し創造する。そして生きている赤の他人にその像を求めて止まない。今まるで元気がないであろう前述の仲良しの先輩にもそれを求めちまう。多分生まれてこなかった兄が生まれていたら今の俺とおんなじだと思う。速攻で弱音を吐き速攻で立ち上がろうとするがそのスピードは二倍どころか三倍四倍いやさ百億万倍はかかる。自慢じゃないがそのくらい弱い。だが周りに待っててくれる人がいるので嘘ついてでも立ち上がらなければならなく、それで無理がたたって歪んでゆく。でも、ゆがんだりひずんだりするのがロックだと思う。無理して立ち上がって頭も体もギーギー鳴ってるのがロックだと思うしそう思いたい。でも自分がそんなロックの人であるとはあんまり思えない。そんなタフガイだとは未だ思えない。でもロックの人とは
、そんな人だと思うしあくまでそれを目指す。
何故かタッチからロックの人の話へ。時間なので本日のツイスター終ります。
posted by 関貴弘 21:37comments(2)|-|





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 21:37 |-|-|


この記事に対するコメント











ツイッター…?

つぶやきにしては長いけど…。

クロコダイル(しみずともこ) | 2011/06/22 3:23 AM


ツイッターね♪

呟くには確かに長い。

僕は君のブログを楽しみにしているよ。
シライ | 2011/06/25 2:10 PM