漫画ん全関

DRI:MOONのVocal&Guitar、関貴弘参上!関裸々に胸中を語る…か!?


<< はじめの一歩〜活人のコブシ〜 | main | サザエさん >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





ぷりぷり県

吉田戦車原作の最初で最後の「県漫画」だ。主人公つとむが「ぷりぷり県」という、特産物から名物料理、風習など全く有り得ない個性を持つ架空の県出身で、尚且つ凄まじい愛県者。そのつとむが東京でサラリーマンとなり他県出身者と所狭しと暴れ回り、さらに地方に出張しては帰れなくなるくらい暴れ回るという、不思議で痛快な漫画だ。 実はこの程、大阪の岸和田に出張した。東京からの助っ人という事で地元の人達と作業したんだが、俺がちょっと話すと、直ぐ様「関さん、どこ出身ですか?」と何人にも聞かれた。完全に東京者として接していたのに、もう人生の半分は東京に居るのに東京出身とは見なされなかった。それこそ話して1秒くらいで。でも東京出身ではないので当然「茨城県です。」と答える。一応、大阪なので大阪の「茨木」と区別するために「県」をつけて。すると「え?茨城ってどこですか?」と返された。 「ぷりぷり県」も作品中ではそんな扱いだった。俺は全く愛県者じゃあないから「茨城って何処ですか?」と言われても「北関東、千葉の上、福島の下です。」と応え、さらに「ええ?わからんなあ。」と言われても
別に全く腹など立たないのだが、つとむは違う。ぷりぷり県の為なら平気で他人の頭を叩いたり撫でたりする。何故ならつとむは「ミスター県野郎」だから。まあ、全く何を言いたいではないのだが、岸和田の人達は言葉から何から何だか雰囲気が良く、そして、つとむもやっぱり良いなあと思い、俺も自分の中の「茨城メンの血」をわずかばかり感じましたよとでも言えば御納得頂けるだろうか。そしてさらには、全国統計で茨城が不人気県のNo1である事も、なんだか良いなあと思った。日本で一番最初にラーメンの原形を食ったという黄門には大拍手だが。
posted by 関貴弘 21:00comments(4)|-|





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 21:00 |-|-|


この記事に対するコメント











キター!ぷりぷり県!最高の漫画。
実家に帰った際に父親から(同作者の作品である)「フロまんが」がお気に入りだと告白され、熱く抱擁しました。
が、その後「鷹の爪」などで人気のアニメ作家フロッグマンと区別がついてないことが判明。親父よ、ギャグはギャグだがだいぶ違うぜ〜!
みつる(埼玉県出身) | 2011/08/12 6:39 PM


茨城県の人気が43位に跳ね上がっていたよ。めでたい。
埼玉県は24位という半端な順位でした。
む(埼玉県出身) | 2011/08/14 3:25 PM


なつかしい!

去年、仕事場に出身県にこだわる人がいて、ぷりぷり県を思い出しました。

群馬の人で、職場で使う野菜が群馬産で、質が悪いのがくるとなぜかその人が「すみません」と謝ってました。



たけむ | 2011/09/01 11:09 AM


今回のレコーディングで、私は栄えある「つとむ」という称号をいただきました。
しかし先日、大阪から初東京ツアーに来た方に、東京でオススメの食べ物について全く答えられませんでした。

築地…、寿司?
両国…、ちゃんこ鍋?

黒いおつゆのうどん?
蕎麦?

クロコダイル(東京都出身) | 2011/10/27 9:32 PM