漫画ん全関

DRI:MOONのVocal&Guitar、関貴弘参上!関裸々に胸中を語る…か!?


<< 再びあしたのジョー(漫画ん全関第一部完結編) | main | 太陽にほえろ! >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





刑事モノ探偵

小説、漫画、テレビドラマ、映画等のフィクションの歴史の中で「刑事モノ」はなぜ不滅なのだろう。
実際に会って話した事もなく顔も知らないであろう人々が作りあげた「法律」を命掛けで守ったり破ったりするフィクションの刑事達よ。
その姿に、俺のように「何かを守る事」にずっと疑問を持ち続けながらも、憧れを捨てきれない面倒臭い者達はいったい何を見てきたのだろう。

〇刑事モノfail1
「刑事物語」邦画/主演:武田鉄矢
一番好きな映画は?と尋ねられたならこれだと答えてしまう。最初にそう答えてから二十年以上経ちいろんな映画を観て感動を繰り返してきたというのに。
理由は簡単だ。
主人公片山刑事が格好良いから。何故格好良いかというと強いから。何故強いかというと優しいから。何故優しいかというと寂しいから。
寂しいと哀しい。哀しいと醜い。醜いけど与える。醜さすら力に変えて必死こいて守る。必死こいてハンガーのような日用品を武器にしてまで守るべき者を守る。ハンガーを武器にするくらいだからやり過ぎる。やり過ぎて怒られ追い出され夜行列車で去って行く。
育ての親が刑事だから刑事として生きていく事にしたのか。他に生き方を知らないのか。本当に刑事にむいているのか。とにかく片山刑事は精一杯与え尽くして、それでも爪の先っぽ程の前向きな気持ちと共に夜行列車で去って行く。
唇をかみしめて。



posted by 関貴弘 06:32comments(0)|-|





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 06:32 |-|-|


この記事に対するコメント