漫画ん全関

DRI:MOONのVocal&Guitar、関貴弘参上!関裸々に胸中を語る…か!?


<< 刑事モノ探偵 | main |



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|





太陽にほえろ!

萩原朔太郎の「月に吠える」は全く知らないが、萩原健一の 「太陽にほえろ!」は幾分かは知ってる。
大人気若手スターのショーケンこと萩原健一と、超大御所スター石原裕次郎との二枚看板であり、新人刑事の成長を描いた青春ドラマとしてスタートした「太陽にほえろ!」。
…最近の「相棒」のロングランをも、今のところはるかにしのいでいる伝説の刑事ドラマ「太陽にほえろ!」。

そもそも、脚本が死ぬ程かっちょよく、「刑事物」を逸脱した人間ドラマを丁寧に描写する作品が多かっったと記憶している。
そして、多くの名シーンの極一部でありながらも、何十年も語り継がれる「殉職シーン」の数々。

松田優作扮する「ジーパン刑事殉職シーン」なんて、中一の頃から何か嫌な事や楽しい事があるたびに、いったい何回勝手根性物真似(思い込みが強過ぎて独り歩きした結果、オリジナルとかけ離れてしまった物真似)をしたものだろう。
だが、実は伝説の「殉職」も、ショーケンは演じていない。
「劇中で自分を殺せ」と言い、その後、若手刑事から山さんに至るまで結構殉職するという「血みどろの歴史」をスタートしたくせに。
ショーケン扮する「マカロニ刑事」の最期は、工事現場でタチションベンした後に、通り魔に刺殺されるという考えられない「被害者死に」である。びっくりである。
だが、その死に様によって、刑事も「極ありふれた一人間」であるという最重要なメッセージを告げている。そして、シリーズ中とても印象的に描かれた「初めての犯人射殺後のパニックマカロニ」をも思い起こさせ、「極ありふれた一人間のドラマ」を見事に完成させている。 これだけの事を初期にやってのけたからこそ、超ロングランの刑事ドラマとして成功をおさめたのではないだろうか。 まさに凄きこと太陽のごとし。


posted by 関貴弘 21:35comments(0)|-|





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 21:35 |-|-|


この記事に対するコメント